internship Review

◯応募動機
 
  私は自身の成人式前撮りをcadeauで撮影しそれ以降は密かにcadeauのファンの1人でした。前撮りの時に一緒に家族写真も撮影し、その撮影がとても楽しくて家族
共にかけがえのない思い出となったからです。
私もそんな誰かの一生の思い出に残るような写真を
撮りたい!という想いから、自らインターンシップを
志願しました。

◯どんなところが楽しかったですか。また難しかったか

 特に楽しかったことは、学校関係の撮影であらゆる島内の保育園〜高校に訪れたことです。インターンをした時期が卒業シーズンとかぶった事もあり、撮影の機会が多くありました。大勢の学生、先生、保護者の方を相手に写真を撮る事はとても責任感があり、またやりがいを感じることができる業務でした。
 特に自身の母園が閉園することになり、その閉園式にカメラマンとして行けた事は本当に嬉しかったです。
難しかった事は、その撮影毎に臨機応変に対応し、いかに自分の最善を尽くすかということです。同じ状況は二度と訪れないので、その時しかない瞬間を写真に残すことがいかに難しいかと言うことを実感しました。

◯実際に体験してどうでしたか。

 2ヶ月間のインターンシップを終えて、私が想像していた「一生の思い出に残る写真」を撮るのは決して簡単ではないんだという事を一番に実感しました。撮影が始まる前からお客様に品物が届くまでの全行程に、スタッフ全員の想いが込められているのだと知ることができました。また撮影はお客様一人一人に合わせて準備されるので、最初は何をどうしたらいいのか覚える事で精一杯でしたが、業務を重ねていくうちに、「お客様が求めるものは何か」そして「cadeauが目指すもの」を意識するようになりました。
もちろん2ヶ月では先輩方の足を引っ張るだけで何か役に立つことができなかったかもしれませんが、とても貴重な経験となりました

◯メッセージ for Next  (次回体験の方へ)

 私は現在大学3回生で、4回生になる前の春休みの期間を
使いインターンシップを行いました。応募は、インターンの
募集があったわけではなく自ら連絡し、受け入れていただきました。
大学3回生の冬は就職活動が本格的に始まる時期でもあり
なかなか長期インターンシップをすることが難しくも
ありますがcadeauでのインターンシップを通して
自分の長所短所、課題を再確認することができました。
 また今回のインターンシップは有償であったので、売り上げに貢献するということを意識するのも直に学ぶことが
できました。
 何より日々の業務が楽しく、直接お客様に関わる仕事なので日々やりがいを感じることができました。
例えカメラの知識がなく、写真業界のお仕事がしたいという方でなくとも、ここでの経験をその次に生かすことができると思います。

応募は上記ボタンからエントリーください

淡路島・洲本市のおしゃれで可愛いフォトスタジオ「カドゥー」お宮参りやお誕生日・七五三・卒入園&入学・成人式振袖フォト・ウェディングフォトムービーまで、記念写真はおまかせください

( C ) 2018 Photo Studio cadeau -Fuji Studio Group- All Rights Reserved.